コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サモス衛星 サモスえいせい SAMOS; satellite and missile observation system

2件 の用語解説(サモス衛星の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サモス衛星
サモスえいせい
SAMOS; satellite and missile observation system

アメリカの軍事偵察用衛星。スパイ衛星ともいわれる。望遠レンズをつけたテレビカメラで外国の写真を撮り,アメリカ上空で地上へ電送する。サモス1号は,1960年 10月,太平洋側のポイント・アーゲロ基地から打上げられたが失敗。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サモス衛星【サモスえいせい】

米国空軍の偵察衛星。サモス(Samos)はsatellites and missile observation systemの頭文字。長さ約6m,重量3.2tの円筒カプセルで,極軌道を飛行し,テレビカメラで地上を査察する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

サモス衛星の関連キーワード極軌道サモス島スパイ衛星偵察衛星偵察機SAMOS暁の偵察サモス土サモス岩中国空軍

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone