コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サモス衛星 サモスえいせいSAMOS; satellite and missile observation system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サモス衛星
サモスえいせい
SAMOS; satellite and missile observation system

アメリカの軍事偵察用衛星。スパイ衛星ともいわれる。望遠レンズをつけたテレビカメラで外国の写真を撮り,アメリカ上空で地上へ電送する。サモス1号は,1960年 10月,太平洋側のポイント・アーゲロ基地から打上げられたが失敗。 61年1月に打上げられたサモス2号は成功。重さ 1.86t。近地点 480km,遠地点 560km,周期 95分の極軌道を回った。同年 11月には3号が打上げられたが,詳細は発表されていない。その後,サモス衛星に代って 920A,さらに進歩したビッグバード,KH-11,KH-12 (→KH偵察衛星 ) が使用されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

サモス衛星【サモスえいせい】

米国空軍の偵察衛星。サモス(Samos)はsatellites and missile observation systemの頭文字。長さ約6m,重量3.2tの円筒カプセルで,極軌道を飛行し,テレビカメラで地上を査察する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone