コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サモリ・トゥーレ Samori Touré

世界大百科事典 第2版の解説

サモリ・トゥーレ【Samori Touré】

1830ころ‐1900
19世紀末,西アフリカ内陸部に広大なイスラム帝国を建設し,フランスの植民地侵略に執拗な抵抗を繰り返した植民地化初期の民族的英雄。1830年ころ,農耕民化したジュラ(マリンケ系のイスラム化した商人グループ)の息子として,現ギニアのコニヤン地方で生まれた。当時の西アフリカ内陸部では,フランスをはじめヨーロッパ列強の,沿岸から内陸部への進出が始まり,各地には群雄が割拠して相争い,戦乱が絶え間なく続いていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のサモリ・トゥーレの言及

【ギニア】より

…19世紀にはトゥクロール族のハジ・ウマルが立ち上がり,セネガンビア地方からさらに東のニジェール川流域地方へと進出して,広大な領域を持つイスラム国家を形成した。ついで19世紀末にはマンデ系のサモリ・トゥーレが出てサモリ帝国を形成し,当時進出を開始したフランス植民地勢力に抵抗した。サモリは現在でも国民的英雄として愛されている。…

【マリ】より

… 19世紀後半,フランスがこの地域に進出し始めたころ,これに対応してこの地域の政治的統合を企図した政治指導者が出現した。その一人がサモリ・トゥーレである。1830年ころ現在のギニアの北東部に貧しい農民の息子として生まれた彼は,わずか数十年のうちに周辺の小王国を制覇し,現マリの南部からギニア,コートジボアールの内陸部一帯にかけて,版図19万km2に達する帝国を建設することに成功した。…

※「サモリ・トゥーレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サモリ・トゥーレの関連キーワード近・現代アフリカ史(年表)ギニア(国)トゥーレ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android