コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥーレ トゥーレ Thouret, Jeanne-Antide

8件 の用語解説(トゥーレの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥーレ
トゥーレ
Thouret, Jeanne-Antide

[生]1765.11.27. サンセールロン
[没]1826.8.24. ナポリ
フランスの聖女。 1788年ビンセンシオ修女会に入会。大革命によって 95年スイスに逃れた。 99年ブザンソン愛徳童貞会を創立して慈善と女子教育に献身。祝日8月 24日。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

トゥーレ
トゥーレ
Touré, Ahmed Sékou

[生]1922.1.9. ファラナ
[没]1984.3.26. クリーブランド
ギニアの政治家。 19世紀末にフランス植民地主義と闘ったサモリ・トゥーレの子孫。旧フランス領アフリカきっての急進的独立運動の闘士で,労働運動を基盤に独立運動を指導した。郵便局員時代に労働運動に入り,1950年フランス共産党系の労働総同盟 CGTの傘下のフランス領西アフリカ支部書記長に就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

トゥーレ
トゥーレ
Touré, Amadou Toumani

[生]1948.11.4. フランス領スーダンモプティ
マリの政治家,軍事指導者。暫定国家元首(在任 1991~92),大統領(在任 2002~ )。学校を卒業後教師になり,1969年に軍隊に入隊。1991年3月26日,クーデタームーサトラオレ政権を打倒。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

トゥーレ(Sékou Touré)

[1922~1984]ギニアの政治家。西アフリカ全域にまたがる解放運動に参加。1958年の独立後は首相、初代大統領をつとめた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トゥーレ

ギニアの政治家。サモリ・トゥーレの孫といわれる。1952年ギニア民主党を創立して総裁となり,反仏独立運動を指導。1958年フランス第5共和政成立に際してフランス共同体参加への拒否を呼びかけ,フランス領アフリカで唯一,ギニアを完全独立に導いた。
→関連項目ギニア(国)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

トゥーレ【Sékou Touré】

1922‐84
西アフリカ,ギニアの初代大統領。マリンケ族の出身。19世紀末,フランスの侵略に抵抗した国民的英雄サモリ・トゥーレの孫といわれる。郵便労働者として1945年郵政労組を,48年ギニア労働総同盟を結成,50年フランス労働総同盟の西アフリカの責任者となる。労働組合を基盤に政治に進出し,1946年アフリカ民主連合結成大会に参加,47年短期間投獄される。52年ギニア民主党の書記長に就任。53年のゼネストを指導して影響力を拡大し,55年コナクリ市長,56年フランス国民議会議員に選出される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

トゥーレ【Sékou Touré】

1922~1984) ギニアの政治家。労働組合運動に加わり、ギニア民主党の創設に参画。1958年の独立後は首相・初代大統領をつとめた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トゥーレ
とぅーれ
Ahmed Sekou Toure
(1922―1984)

ギニアの政治家、労働運動指導者。ギニアのファラナに生まれ、コナクリの職業訓練校を出て1941年に郵便電信公社(PTT)に勤務、労働組合運動に参加して、1945年通信労働組合書記長となった。1946年にはウフェボワニ、モディボ・ケイタとともに、西アフリカ全域にまたがる解放運動、アフリカ民主運動(RDA)の創設に参加、その支部であるギニア民主党(PDG)を組織して、1952年書記長に選任された。また1956年にはアフリカ労働総同盟(CGTA)、1957年には黒アフリカ労働総連合(UGTAN)を結成するなど、労働運動を推進した。1958年9月、ドゴール憲法の諾否を問う国民投票の際、「隷属のなかの富裕よりも、自由のなかの貧困を選ぶ」と演説し、独立を達成、ギニアの初代大統領となった。汎(はん)アフリカ主義、反新植民地主義の路線をとり続けた。1970年代末期から柔軟な外交路線をとり、イスラム圏諸国間の調停にもあたった。1984年3月26日、アメリカのクリーブランドの病院で急性心不全のため死亡。[中村弘光]
『セク・トゥーレ著、小出峻・野沢協訳『アフリカの未来像』(1961・理論社) ▽セク・トゥーレ著、小出峻・野沢協訳『続アフリカの未来像――国づくりへの理念』(1961・理論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のトゥーレの言及

【植民の書】より

…内容は,870年ころスウェーデン出身の漂流者がこの島を発見してからキリスト教が広まるまでの約120年間にわたる歴史を記述する。その序文には,ギリシア時代から〈世界の涯(はて)〉として知られたティレThile(ギリシア語ではトゥーレThoulē)をアイスランドと断定した一文があり,同地を北方系ヨーロッパ人の幻の故郷とみなす伝説を生む源泉になった。またこの書物によれば,アイスランドの本格的植民は,ハーラル美髪王の国家統一を嫌った西ノルウェーの首長インゴールブル・アルトナルソンが874年にこの島へ移住したことに始まるという。…

【北極】より

…しかし,厚い氷の下に潜めば,衛星からも探知されにくいのは事実で,北極は原潜の訓練場になってきた。【八木沢 三夫】
【探検史】
 古代ギリシアでは極北の地をトゥーレThoulē(ラテン語ではThule,またとくにUltima Thule)と呼んで世界の北端と信じ,ヒッパルコスによればトゥーレ周辺は人間の住み得ぬ土地とされていた。しかし前320年ころギリシア人ピュテアスがマッサリア(現,マルセイユ)を出発し,ブリタニア(グレート・ブリテン島)を発見し,北方にあるこのトゥーレの探査を試みた。…

【ギニア】より

…19世紀にはトゥクロール族のハジ・ウマルが立ち上がり,セネガンビア地方からさらに東のニジェール川流域地方へと進出して,広大な領域を持つイスラム国家を形成した。ついで19世紀末にはマンデ系のサモリ・トゥーレが出てサモリ帝国を形成し,当時進出を開始したフランス植民地勢力に抵抗した。サモリは現在でも国民的英雄として愛されている。…

※「トゥーレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トゥーレの関連キーワードアフリカ民主連合ギニアギニア湾フランス領西アフリカアフリカ菫ギニアビサウバラフォンセネガル[川]ニジェール[川]マリンケ族

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トゥーレの関連情報