サリンベーネ(英語表記)Salimbene de Adam

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サリンベーネ
Salimbene de Adam

[生]1221.10.9. パルマ
[没]1288頃.レッジョエミリア
イタリアの修道士年代記作者。パルマの富裕市民の子で,1238年フランチェスコ修道会に入る。各地の修道院をたずね歩く間に見聞を広め,フランス滞在中にはルイ9世の十字軍準備に立会った。 1168年から死の直前の 1288年までの諸事件を記録した『年代記Cronicaは,13世紀の基本的史料として重要なばかりでなく,美しいラテン語の文章で記述された文学作品としてもその価値は高い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android