コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルエビ(猿蝦) サルエビ Trachypenaeus curvirostris

1件 の用語解説(サルエビ(猿蝦)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サルエビ【サルエビ(猿蝦) Trachypenaeus curvirostris】

沿岸性の甲殻綱クルマエビ科のエビで,日本の各地の内湾に多産する。とくに東京湾伊勢湾瀬戸内海有明海などに多く,50m以浅の砂泥底が主漁場である。体長12cmに達するが,雄のほうがやや小型で,多くは10cm程度である。青みを帯びた灰色で,腹面はやや黄色っぽい。甲は厚く,全面に粗毛が生えている。額角がよく発達し,上縁に6~8本のとげがある。体長5.5cm以上の個体では額角の先端部が上方へかなり湾曲している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サルエビ(猿蝦)の関連キーワードクルマエビシバエビ虎海老沼海老北国赤海老赤蝦車蝦藻蝦バナナエビメキシコエビ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone