コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルエビ(猿蝦) サルエビTrachypenaeus curvirostris

世界大百科事典 第2版の解説

サルエビ【サルエビ(猿蝦) Trachypenaeus curvirostris】

沿岸性の甲殻綱クルマエビ科のエビで,日本の各地の内湾多産する。とくに東京湾伊勢湾瀬戸内海有明海などに多く,50m以浅の砂泥底が主漁場である。体長12cmに達するが,雄のほうがやや小型で,多くは10cm程度である。青みを帯びた灰色で,腹面はやや黄色っぽい。甲は厚く,全面に粗毛が生えている。額角がよく発達し,上縁に6~8本のとげがある。体長5.5cm以上の個体では額角の先端部が上方へかなり湾曲している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android