コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルエビ(猿蝦) サルエビTrachypenaeus curvirostris

世界大百科事典 第2版の解説

サルエビ【サルエビ(猿蝦) Trachypenaeus curvirostris】

沿岸性の甲殻綱クルマエビ科のエビで,日本の各地の内湾多産する。とくに東京湾伊勢湾瀬戸内海有明海などに多く,50m以浅の砂泥底が主漁場である。体長12cmに達するが,雄のほうがやや小型で,多くは10cm程度である。青みを帯びた灰色で,腹面はやや黄色っぽい。甲は厚く,全面に粗毛が生えている。額角がよく発達し,上縁に6~8本のとげがある。体長5.5cm以上の個体では額角の先端部が上方へかなり湾曲している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android