コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルカケミカン wild orange tree

1件 の用語解説(サルカケミカンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サルカケミカン【wild orange tree】

ミカン科のつる性の常緑樹で高さ十数mに達する。熱帯,亜熱帯地方に産し,とくに石灰岩地帯に多い。雌雄異株で茎や枝には下方に湾曲する鋭いとげがあり,小枝の先端には赤褐色の密毛がある。革質の葉は互生し,3出で毛がない。小葉は長楕円形または倒卵状長楕円形,小葉柄はなく,長さ3~5cm,両端はとがり,縁には小さい鋸歯があり,裏面には腺点を散布する。腋生(えきせい)の円錐花序は長さ5~7cm,3~10個の小さい帯黄緑色の花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone