コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルビ サルビ Salvi, Nicola

2件 の用語解説(サルビの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サルビ
サルビ
Salvi, Nicola

[生]1697. ローマ
[没]1751. ローマ
イタリアの建築家。アントニオ・カネバーリの弟子。 1733年聖ルカ・アカデミーの会員となる。 45年ローマのオデスカルキ宮 (G.ベルニーニ設計) の増築に L.バンビテリとともにたずさわった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サルビ
さるび
Nicola (Niccol) Salvi
(1697―1751)

イタリアの建築家、彫刻家。「トレビの噴水」の作者として有名。ローマに生まれ、建築家カネバリAntonio Canevari(1681―1750ころ)に師事する。1732年ローマのサン・ジョバンニ・イン・ラテラノ聖堂のファサードのコンクールには敗れたが、同年に行われたトレビの噴水のコンクールにはフランスの彫刻家シジスベール・アダムやブーシャルドンらの競争者を破って入選、名声を博す。これは、古代ローマの凱旋(がいせん)門を模したファサードのあるパラッツォ・ポーリの中央に海神ネプチューンが立ち、その周囲にトリトンが馬を馳(は)せているという創意にあふれたダイナミックな設計で、ローマのバロック芸術の掉尾(ちょうび)を飾るにふさわしい噴水である。ただし最終的には彼の死後1762年にジュゼッペ・パンニーニによって完成された。サルビはバンビテルリと共同で、ベルニーニの設計したパラッツォ・オデスカルキの拡張も行っている。[篠塚二三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サルビの関連キーワードリーマン幾何学ローマンミエローマローマナイズローマ教会ローマ風呂ローマンノーズローマの泉ローマの祭ローマの祭り

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サルビの関連情報