コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルビ Salvi, Nicola

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サルビ
Salvi, Nicola

[生]1697. ローマ
[没]1751. ローマ
イタリアの建築家。アントニオ・カネバーリの弟子。 1733年聖ルカ・アカデミーの会員となる。 45年ローマのオデスカルキ宮 (G.ベルニーニ設計) の増築に L.バンビテリとともにたずさわった。ローマ・バロック様式の名残りをとどめる最後の建築家。代表作はローマのトレビの噴水 (1732~62) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サルビ
さるび
Nicola (Niccol) Salvi
(1697―1751)

イタリアの建築家、彫刻家。「トレビの噴水」の作者として有名。ローマに生まれ、建築家カネバリAntonio Canevari(1681―1750ころ)に師事する。1732年ローマのサン・ジョバンニ・イン・ラテラノ聖堂のファサードのコンクールには敗れたが、同年に行われたトレビの噴水のコンクールにはフランスの彫刻家シジスベール・アダムやブーシャルドンらの競争者を破って入選、名声を博す。これは、古代ローマの凱旋(がいせん)門を模したファサードのあるパラッツォ・ポーリの中央に海神ネプチューンが立ち、その周囲にトリトンが馬を馳(は)せているという創意にあふれたダイナミックな設計で、ローマのバロック芸術の掉尾(ちょうび)を飾るにふさわしい噴水である。ただし最終的には彼の死後1762年にジュゼッペ・パンニーニによって完成された。サルビはバンビテルリと共同で、ベルニーニの設計したパラッツォ・オデスカルキの拡張も行っている。[篠塚二三男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

サルビの関連キーワードサルト(イタリアルネサンス期の画家)プリスキリアヌスバウンティー諸島ベネディクツソンFC町田ゼルビアブルーサルビアティントレットサルビアブルー鴻巣のサルビアサルビアーティサルヴィーニヒゴロモソウ四つの四重奏バンビテルリ永久告示録トレビの泉レオ12世天文対話セルデンバザーリ

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android