掉尾(読み)ちょうび

精選版 日本国語大辞典「掉尾」の解説

ちょう‐び テウ‥【掉尾】

〘名〙
を振ること。一説に、つかまえられた魚が死ぬ直前に尾を振るの意とする。〔司馬相如‐上林賦〕
② 物事が最後に来て勢いの盛んになること。また、単に最後の意。とうび。
※朱雀日記(1912)〈谷崎潤一郎〉鳳凰堂「即ち此の堂は藤原氏旺盛時代の掉尾の置土産として」

とう‐び タウ‥【掉尾】

〘名〙 (「掉尾(ちょうび)」の慣用読み) 物事の終わりの方になって勢いが盛んとなること。また、単に最後。おわり。
※雑嚢(1914)〈桜井忠温〉八「白軍が掉尾(タウビ)の勇を示して、大いに独軍を驚かしたのは痛快だ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「掉尾」の解説

ちょう‐び〔テウ‐〕【×掉尾】

《尾を振る意。慣用読みで「とうび」とも》物事が、最後になって勢いの盛んになること。また、最後。「掉尾飾る
[類語]終わり最後おしまい終了終結終焉しゅうえん終末果てし幕切れ閉幕打ち止めちょんかんりょうジエンドしま最終結末結び締めくく結尾末尾終局終幕大詰め土壇場どたんばどん詰まりすえラストエンディングフィニッシュフィナーレ

とう‐び〔タウ‐〕【×掉尾】

ちょうび(掉尾)」の慣用読み。
「老人に―の大活躍をさせて」〈中島敦・名人伝〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「掉尾」の解説

【掉尾】とう(たう)び・ちよう(てう)び

尾をふるう。唐・杜甫〔太子張舎人、織成の褥緞を遺らる〕 を開けば、風濤(わ)き 中に掉尾の鯨

字通「掉」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android