サワオトギリ(読み)さわおとぎり

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サワオトギリ
さわおとぎり / 沢弟切
[学]Hypericum pseudopetiolatum R. Keller

オトギリソウ科の多年草。茎は多くの枝を出し、下部は地に伏し、上部は立ち上がり、高さ10~40センチメートル。葉は長楕円(ちょうだえん)形で基部は細い柄状となり、長さ約3センチメートル、明点と黒点がある。夏、径約1センチメートルの黄色花を開く。雄しべは3本の束に集まり、花柱は子房より短い。(さくか)は卵形。山地の湿った所に生え、北海道南西部から九州、および朝鮮半島に分布する。[杉山明子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android