コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンゴモ(珊瑚藻) サンゴモCorallina officinalis

2件 の用語解説(サンゴモ(珊瑚藻)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンゴモ(珊瑚藻)
サンゴモ
Corallina officinalis

紅藻類カクレイト目サンゴモ科に属する一般に石灰藻と称するものの1種。石灰藻は約 400種以上知られており,藻体は石灰を蓄積しているので硬い。この種は普通より大きい種で,高さ5~8cm,潮間帯の岩上に叢生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サンゴモ【サンゴモ(珊瑚藻) coralline algae】

紅藻綱カクレイト目サンゴモ科植物の総称名。炭酸カルシウム(石灰)を多量に沈着した藻体のようすが,動物のサンゴ虫に似ることから和名がついた。一般に,藻体に体節のあるものを有節サンゴモ類,体節のないものを無節サンゴモ類と呼んで分類し,前者にはカニノテAmphiroa,オオシコロ属Serraticardia(イラスト),サンゴモ属Corallina(イラスト),モサズキ属Janiaなどが所属し,後者にはヒライボ属Lithophyllum,イシモ属Lithothamnium,サビ属Melobesia,モカサ属Fosliellaなどが所属する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のサンゴモ(珊瑚藻)の言及

【石灰藻】より

…藻体に炭酸カルシウム(石灰)を沈着する藻類の総称で,代表的なものに紅藻植物のサンゴモ,ガラガラ,コナハダ類,緑藻植物のサボテングサ,カサノリ類などがある。淡水産の車軸藻植物も少量であるが石灰を沈着し,海および淡水に生育する単細胞性のハプト植物の多くも,細胞の表面にコッコリス(円石)と呼ぶ独特な形の石灰質の鱗片をもつ石灰藻である。…

※「サンゴモ(珊瑚藻)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone