サンタンジェロ橋(読み)サンタンジェロバシ

デジタル大辞泉の解説

サンタンジェロ‐ばし【サンタンジェロ橋】

Ponte Sant'Angelo》イタリアの首都ローマ中心部、テベレ川に架かる橋。右岸のサンタンジェロ城と左岸を結ぶ。2世紀にローマ皇帝ハドリアヌス帝により建造。当初はエリオ橋と呼ばれた。17世紀にローマ教皇クレメンス9世がベルニーニに欄干の天使の彫刻を依頼し、現在もその複製が飾られている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android