コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタントニオ聖堂 サンタントニオセイドウ

1件 の用語解説(サンタントニオ聖堂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

サンタントニオ‐せいどう〔‐セイダウ〕【サンタントニオ聖堂】

Basilica di Sant'Antonio》イタリア北東部、ベネト州の都市パドバにある教会。13世紀の創建。リスボン出身のフランチェスコ修道会の僧でパドバ守護聖人であるアントニオを祭る。今も数多くの信者が巡礼に訪れる。ロマネスクゴシックビザンチンなどの各様式が混在し、イスラム美術の影響も見られる。主祭壇のブロンズ彫刻、正面広場のガッタメラータ騎馬像はいずれもドナテロの傑作として有名。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

サンタントニオ聖堂の関連キーワードバシリカサンジャウマ広場サンタンジェロ橋聖エルモ砦セントエルモ砦ガイナセサンタニオル書斎の聖アウグスティヌス聖アンナと聖母子ツッカロ兄弟

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone