コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンチェス・コエリョ Sánchez Coello, Alonso

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンチェス・コエリョ
Sánchez Coello, Alonso

[生]1531頃.バレンシア,ベニファーヨ
[没]1588.8.8. マドリード
スペインの画家。幼年時をポルトガルで過し,フランドルに出てブリュッセルで A.モールに学ぶ。 1557年スペインに定住。 71年,師の跡を継ぎスペイン王フェリペ2世の宮廷画家となる。王家および貴族の肖像画家として活躍。荘重で威厳に満ちた作風は,師の影響が強く感じられる。 V.ティツィアーノにも影響を受けている。宗教的主題による作品も制作したが,それらの多くはローマのマニエリスム様式の模倣であり,形式的である。代表作品『クララ・エウゲニアとカタリーナ・ミカエラ』を描いた1対の肖像画 (1571,バッキンガム宮殿) ,エスコリアルのために制作した『聖カテリーナ』 (78,プラド美術館) ,『王女イザベル・クララ』 (79,同) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サンチェス・コエリョの関連キーワードモル・ファン・ダスホルストパントーハ・デ・ラ・クルス

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android