コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンチェス・コエリョ サンチェス・コエリョSánchez Coello, Alonso

1件 の用語解説(サンチェス・コエリョの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンチェス・コエリョ
Sánchez Coello, Alonso

[生]1531頃.バレンシア,ベニファーヨ
[没]1588.8.8. マドリード
スペインの画家。幼年時をポルトガルで過し,フランドルに出てブリュッセルで A.モールに学ぶ。 1557年スペインに定住。 71年,師の跡を継ぎスペイン王フェリペ2世宮廷画家となる。王家および貴族の肖像画家として活躍。荘重で威厳に満ちた作風は,師の影響が強く感じられる。 V.ティツィアーノにも影響を受けている。宗教的主題による作品も制作したが,それらの多くはローママニエリスム様式の模倣であり,形式的である。代表作品『クララ・エウゲニアとカタリーナ・ミカエラ』を描いた1対の肖像画 (1571,バッキンガム宮殿) ,エスコリアルのために制作した『聖カテリーナ』 (78,プラド美術館) ,『王女イザベル・クララ』 (79,同) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サンチェス・コエリョの関連キーワード中御門宣秀細川高国和田峠(長野県)震災遺児・孤児国広和田峠おもろさうしグラナダクロムウェルタウングー朝

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone