コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サントス=デュモン Santos-Dumont, Alberto

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サントス=デュモン
Santos-Dumont, Alberto

[生]1873.7.20. パルミラ近郊
[没]1932.7.23. サンパウロ
ブラジルの航空の先駆者。裕福なコーヒー農園主の息子として生まれた。フランスに渡り工学技術を学んだことをきっかけに,空を飛ぶことに夢中になる。1898年にはブラジルで自身初の気球の飛行実験に成功したが,まもなく動力つきの飛行船に関心を移した。1901年10月19日午後,飛行船 6号機でパリ郊外サンクルーを出発しエッフェル塔をまわる 11.3kmを 30分足らずで飛行し,賞金 10万フランのドゥーチ賞を獲得した。またアメリカ合衆国でのライト兄弟の成功に触発され,重航空機(→航空機)の数々の設計および飛行実験を行なった。1906年9月13日にヨーロッパで初めての動力飛行機『No.14-bis』(→先尾翼機)の公開飛行に成功,同年11月12日には初めて 100m以上の飛行を達成した。第1次世界大戦までは航空界で活躍し,1909年に高翼単葉機『ドゥモワゼル』を開発した。1928年,国民的英雄としてブラジルに帰国。だが母国で飛行機が内戦鎮圧に使用されたことに失望し,4年後にみずから命を絶った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サントス=デュモンの関連キーワード小野田寛郎カルティエ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android