サント・マリー・マドレーヌ聖堂[ベズレー](読み)サント・マリー・マドレーヌせいどう[ベズレー](英語表記)Basilique Ste-Marie-Madeleine, Vézelay

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サント・マリー・マドレーヌ聖堂[ベズレー]
サント・マリー・マドレーヌせいどう[ベズレー]
Basilique Ste-Marie-Madeleine, Vézelay

フランス中部,ヨンヌ県のベズレーにあるベネディクト会聖堂。西のシャルトルと並ぶ中世キリスト教の巡礼地。9世紀にマグダラマリアの聖遺体をこの地に移し修道院を建てたことに始まる。その後聖地として多くの巡礼を集め,11世紀に入るとベズレーはスペインのサンチアゴデコンポステラへ向かう巡礼の起点となった。 12世紀には十字軍遠征の基地となり大いに栄えたが,13世紀に聖遺体がにせものという噂が流れてから衰退の道をたどった。聖堂はロマネスク様式で建てられ,身廊の約 100本の柱頭や玄関廊のティンパヌムにはみごとなロマネスク彫刻が施されている。フランス革命の際に聖堂以外は破壊されたが 19世紀に建築家ビオレ=ル=デュクにより修復された。 1979年に世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android