コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンルイス州 サンルイスSan Luis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンルイス〔州〕
サンルイス
San Luis

アルゼンチン中部の州。州都サンルイスアンデス山脈東斜面を占めるメンドサ州の東に接する州で,デサグアデロ=サラド川が両州の州境をなす。南部はパンパスと呼ばれる広大な温帯草原の西縁部にあたる平地であるが,北部は山地,丘陵地帯で,北東部には標高 1800mに達するサンルイス山脈がある。アンデスの山陰にあたるため全体に雨が少く,北西部には砂漠や塩原が広がる。主産業は鉱業で,銀,鉛,亜鉛,タングステン縞瑪瑙,岩塩などを産する。中部西寄りの比較的雨が多い地域では,林業と牧畜が盛ん。中部のキント川河谷,北東部のコンララ川河谷では灌漑農業が行われ,ブドウ,アルファルファ,果樹,コムギなどが栽培される。これら農牧地帯を背景に,州都とメルセデスに食肉,食品加工などの工業が立地。太平洋岸からアンデスを越えて大西洋岸のブエノスアイレスへ通じる鉄道,パンアメリカン・ハイウェーが州中央部を横断する。面積7万 6748km2。人口 28万 6334 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サンルイス州の関連キーワードサン・ルイス(アルゼンチン)

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android