コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サン・カルロ・アレ・クァトロ・フォンターネ聖堂 サン・カルロ・アレ・クァトロ・フォンターネせいどうSan Carlo alle Quattro Fontane

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サン・カルロ・アレ・クァトロ・フォンターネ聖堂
サン・カルロ・アレ・クァトロ・フォンターネせいどう
San Carlo alle Quattro Fontane

イタリア,ローマにあるバロック聖堂。 F.ボロミーニが建築家として独立後最初に手がけた作品。修道院部分は 1634年に,聖堂は 38年に着手。 46年の献堂であるが,ファサードは 62~67年に建造された。楕円形の平面を縦に使い,一定のリズムをもってうねる曲面の壁の上に,透視図法の応用で実際よりも高く見える,十字と八角を組合せた幾何学文様のドームをいただく。初期の作品ながら完成度の高い作品で,革新的なアイデアが随所に読取れる。ボロミーニの晩年に工事が始ったファサードは,2年後彼が自殺したため完全に彼の構想によるものではないが,波打つような曲面は彼の構想力を十分にうかがわせる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サン・カルロ・アレ・クァトロ・フォンターネ聖堂の関連キーワードサンタンドレア・アル・クィリナーレ聖堂

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android