コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サン・サバン Saint‐Savin

世界大百科事典 第2版の解説

サン・サバン【Saint‐Savin】

フランス南西部ポアトゥー地方,ビエンヌ県の町。人口1283(1969)。ガルタンプGartempe川にかかる橋は13世紀にさかのぼる。シャルルマーニュ創建の伝承もある旧修道院のうち,11世紀建立の教会堂(玄関の尖塔は15世紀)が残る。身廊の両脇を高い側廊が支える,当地方特有の構造である。壁画が地下聖堂(クリプタ)から鐘塔兼玄関,身廊天井を覆い尽くし,現存ロマネスク絵画の傑作とされる。とくに身廊天井の半円筒ボールト(長さ42m)には,明るい地の上に赤褐色,黄土色,緑,白を使い大胆な形態描写で,《創世記》《出エジプト記》の場面が展開される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

サン・サバンの関連キーワードサンサン・サバン聖堂カール[大帝]ロマネスク美術ベネディクト会

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android