サーキットレベルゲートウェイ(読み)さーきっとれべるげーとうぇい

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

サーキットレベルゲートウェイ

トランスポート層(TCP/UDP)で動作するファイアウォール。サーキットレベルゲートウェイは、パケットフィルタリングIPパケットによる通信制御に加え、TCPのセッション単位で任意のポートに関する通信の可否を制御できる。代表的なものに「SOCKS」が挙げられる。クライアントがSOCKSプロトコルを使って接続したいサーバーのIPアドレスをゲートウェイに送ることで相手サーバーと通信できる。ただし、クライアントソフトもSOCKSに対応している必要がある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android