サーチュイン遺伝子(読み)サーチュインイデンシ

  • サーチュインいでんし〔ヰデンシン〕

デジタル大辞泉の解説

老化の原因となる活性酸素の発生や、免疫細胞異常を抑制するはたらきをもつ、サーチュインという酵素を活性化させる遺伝子。1999年に発見。実験生物の一部に寿命延長する効果がみられることが報告され、老化メカニズム解明健康寿命の延長に関わる研究が進められている。長寿遺伝子長生き遺伝子抗老化遺伝子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android