サーディン(英語表記)sardine

翻訳|sardine

百科事典マイペディアの解説

北アメリカ西岸で大量に捕獲されるイワシのなかま。マイワシと同じ属に分類され,生態や利用法も似ている。この魚の油漬けが,いわゆるオイルサーディン。もっとも,日本製のものはマイワシやウルメイワシ,ヨーロッパ製のものは,また別のイワシのなかまを利用している。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (sardine) イワシ。特に小さなイワシを、オリーブ油に漬けてかん詰めにしたもの。オイルサーディン。
※日本脱出記(1923)〈大杉栄〉入獄から追放まで「オムレツ、ハム、サーデイン〈略〉普通の食品を二十ばかりならべた上に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のサーディンの言及

【イワシ(鰯∥鰮)】より

… 世界に産するイワシ類は十数種知られており,各地で重要な漁場を形成している。とくに,北アメリカ西岸のサーディンSardinops caeruleus(英名sardine),南アメリカ西岸のアンチョビーEngraulis encrasicolus(英名anchovy),ヨーロッパのピルチャードSardina pilchardus(英名pilchard)などがよく知られている。 マイワシSardinops melanosticta(イラスト)はニシン科マイワシ属の1種。…

※「サーディン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サーディンの関連情報