サーデク・ヘダーヤト(英語表記)Ṣādeq Hedāyat

世界大百科事典 第2版の解説

サーデク・ヘダーヤト【Ṣādeq Hedāyat】

1903‐51
現代イランの代表的作家。テヘランの名門の出身。フランス留学(1926‐30)中から,《生埋め》等の初期短編を著し,《三滴の血》(1932),《明暗》(1933),代表作《盲目のフクロウ》(1941。邦訳あり),《野良犬》(1942),《ハージー・アーガー》(1945)によって現代ペルシア文学の基礎をつくった。カフカらの西欧実存主義の影響を受けており,レザー・シャーの専制独裁的治下にあって作品はペシミズムと狂気に彩られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android