コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーデッディン Sadeddin, Hoca

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サーデッディン
Sadeddin, Hoca

[生]1536. イスタンブール
[没]1599
オスマン帝国の学者。シェイヒュル・イスラム (イスラム最高法官) 。セリム1世時代の著名なシェイヒュル・イスラム,ハサン・ジャンの息子。イスタンブールで教育を受け,1563年,ムラト3世の師となり,ムラト3世退位 (1595) 後も帝師として名声をほしいままにした。 1598年シェイヒュル・イスラムとなり,国政にも大いに貢献した。著書『歴史の王冠』 Tâc-üt-Tevârîhは,オスマン帝国の建国からセリム1世時代までを含む年代記で,文学的にも価値が高く,オスマン朝時代の代表的な歴史叙述形式をもつ。 1863年にイスタンブールで出版。フランス語,ロシア語,ラテン語の翻訳がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サーデッディンの関連キーワードヘンリー(8世)相場操縦WTIエウメネス[2世]梁冀エウクラチデスファルナケス1世梁冀少弐資元タリコナ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android