コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

TAC ティーエーシーtotal allowable catch

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

TAC
ティーエーシー
total allowable catch

漁獲可能量,許容漁獲量あるいは総漁獲許容量と訳される。水産資源の保護管理のため,ある海域の魚種別の漁獲可能量を科学的に測定し,それによって漁獲総量を規制するもの。国連海洋法条約にもとづいた措置で,この漁獲可能量に達するまでは自由に漁獲できるが,自国の漁船で漁獲できない余剰漁獲量については他国に認めることが義務づけられている。 1994年 11月に国連海洋法条約が発効し,日本も 96年6月に批准し同年7月に発効したことで TAC制を導入した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

タック【TAC】[total allowable catch]

total allowable catch》一定の海域における特定の水産資源の量を減少させないための、漁獲量の上限。国連海洋法条約により、沿岸国はTACを定め、自国漁船がこれを満たさない場合は他国漁船の入漁を認めなければならない。漁獲可能量。漁獲枠

タック【TAC】[Tactical Air Command]

Tactical Air Command》米国の戦術空軍。1992年、SAC(戦略空軍)と統合してACC戦闘空軍)に改組された。

ティー‐エー‐シー【TAC】[The Athletics Congress/USA]

The Athletics Congress/USA》米国陸上競技連盟。1979年設立。1992年、USATF改称

ティー‐エー‐シー【TAC】[total allowable catch]

total allowable catch》⇒タック(TAC)

ティー‐エー‐シー【TAC】[Treaty of Amity and Cooperation in Southeast Asia]

Treaty of Amity and Cooperation in Southeast Asia》⇒東南アジア友好協力条約

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

TAC【タック】

戦術空軍

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

TAC

正式社名「TAC株式会社」。英文社名「TAC CO., LTD.」。サービス業。昭和55年(1980)「東京アカウンティング学院株式会社」設立。同63年(1988)「タック株式会社」に改称。平成14年(2002)現在の社名に変更。本社は東京都千代田区三崎町。資格取得学校。公認会計士税理士不動産鑑定士などの資格試験に対する受験指導を行う。法人向け研修も手がける。東京証券取引所第1部上場。証券コード4319。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

TACの関連キーワード海洋生物資源の保存及び管理に関する法律TAC制度(タック制度)みなみまぐろ保存委員会ヴォルター グロピウス東アジア首脳会議参加ブラックピジョン漁獲努力総量規制ファイヤー星人CCフィルターフィルムベースウルトラマンAシータック空港漁獲総量規制アンチラ星人総漁獲可能量タイ国際航空航空戦闘軍団距離測定装置タック制度TAE制度

TACの関連情報