コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サードパーティ さーどぱーてぃ

3件 の用語解説(サードパーティの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

サードパーティ

コンピューターのオリジナル製品を開発販売しているベンダー以外で、互換性や関連性のあるソフトウェアハードウェアを開発・製造している企業の総称。ソフトウェアのサードパーティはISV(Independent Software Vendor)、ハードウェアのサードパーティはIHV(Independent Hardware Vendor)とも呼ぶ。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サードパーティ
サードパーティ
third party

パーソナル・コンピュータ本体のメーカーとは無関係に,パーソナルコンピュータで使う周辺機器を製造・販売する会社の総称。サードパーティの製品は,メーカーの純正品に比べ価格が安く,メーカーのラインアップにない商品を補う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サードパーティ
さーどぱーてぃ
third party

外部事業者。ファーストが当該メーカー、セカンド子会社関連会社など、あるいはユーザーをさし、サードは資本関係のない第三者であることを意味する。コンピュータやゲームビジネスで用いる用語で、当該プラットフォーム向けに互換性のある周辺機器、ソフトウェア、ゲームソフトを製造するメーカーをさす。たとえばマイクロソフト社のWindows(ウィンドウズ)向けにドキュメント管理ソフトなどをつくるアドビシステムズ、ソニーのプレイステーションに対し、ゲームソフトを提供するスクウェア・エニックスなどがサードパーティに該当する。本来的な意味では、メーカー側とは契約がない状態で周辺機器・ソフトウエアをかってに製作する事業者のことであるが、とくにゲーム業界の場合にはライセンス契約に基づいて生産している事業者をサードパーティとよぶことが多い。サードパーティが製造したものは、非純正品、アフターマーケット製品などとよばれることもある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サードパーティの関連キーワードコンピューターサイエンスデジタルコンピューターニューロコンピューターノイマン型コンピューターパーソナルコンピューター汎用コンピューターハイブリッドコンピューターミニコンピューターボードコンピューター無停止コンピューター

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サードパーティの関連情報