コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サームコック Samkok

1件 の用語解説(サームコックの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サームコック【Samkok】

元末明初の羅貫中作《三国志演義》のタイ語欽定訳本。ラーマ1世の1802年ごろ,詩人チャオプラヤー・プラクラン(本名ホン)が翻訳主任に任命され,福建華僑の口述をもとに訳を完成させた。かなりの誤訳があるものの,訳文は流麗簡潔一字も間然するところがなく,タイ語散文の最高傑作と称される。第55章以後は文体がやや異なるので,おそらく別人の筆であろう。ヤーコープ(?‐1956)の名作《十方勝利者》はこの文体を模倣したものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のサームコックの言及

【タイ】より

…残巻中の詩劇には《マノーラー》《法螺貝王子》《カーウィー》など14編があるが,《クライトーン》など6作もすでにあったと思われる。 ラタナコーシン朝のラーマ1世時代(1782‐1809)には古代インドの叙事詩《ラーマーヤナ》のタイ版《ラーマキエン》が王宮で合作され,チャオプラヤー・プラクランはモン語から《王中の王》を,また王命により《三国志演義》を《サームコック》と題して訳した。後者は散文の規範とされ,インド風の物語に食傷気味だった文学界に清新な風を呼び込み,以後三十数編の中国歴史小説が訳された。…

※「サームコック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サームコックの関連キーワード王蒙高啓三国志演義施耐庵羅貫中演義四大奇書通俗三国志『三国志演義』立間祥介

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone