コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザイツェフ則 Saytzeff rule

2件 の用語解説(ザイツェフ則の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ザイツェフ則【Saytzeff rule】

分野によっては英語読みのセイツェフ則*が通用していて,こう記してある辞典類も多いが,まだ昔ながらの呼称のほうが広く通用している.ハロゲン化アルキル脱離反応においては,プロトン数の少ない β 炭素から水素が脱離したアルケンを優先的に与える.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ザイツェフそく【ザイツェフ則】

脱離反応によって生成するアルケンの構造を予測する経験則。セイチェフ則Saytzeff ruleともいう。1875年,ロシアザイツェフA.M.Zaitsev(Saytzeff)により提唱された。ハロゲン化アルキルと塩基との反応による脱ハロゲン化水素,あるいはアルコールに酸を作用させたときの分子内脱水反応において,脱離の方向に二つ以上の可能性がある場合には,置換基の最も多いアルケンが主生成物となるという規則。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ザイツェフ則の関連キーワード化学発光ヒル反応四次構造発色反応反応熱アマドリ化合物アルギニノコハク酸エンジオール基過ヨウ素酸シッフ反応反応帯

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone