コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザイツェフ則 Saytzeff rule

世界大百科事典 第2版の解説

ザイツェフそく【ザイツェフ則】

脱離反応によって生成するアルケンの構造を予測する経験則。セイチェフ則Saytzeff ruleともいう。1875年,ロシアザイツェフA.M.Zaitsev(Saytzeff)により提唱された。ハロゲン化アルキルと塩基との反応による脱ハロゲン化水素,あるいはアルコールに酸を作用させたときの分子内脱水反応において,脱離の方向に二つ以上の可能性がある場合には,置換基の最も多いアルケンが主生成物となるという規則。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報