コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脱離 ダツリ

デジタル大辞泉の解説

だつ‐り【脱離】

[名](スル)抜け出ること。また、抜けて離れること。離脱。
「永久にこの止み難き苦痛を―する能わざる可し」〈芥川開化の殺人〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だつり【脱離】

( 名 ) スル
はなれること。はなれのがれること。離脱。 「小我の煩熱を-せん/欺かざるの記 独歩

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

脱離の関連キーワード転位(有機化学反応)余弦法則(分子放出)ヤマブドウ(山葡萄)電界イオン顕微鏡ヒアルロニダーゼカルボキシラーゼワルデン反転ホフマン分解臭化アルキルイソメラーゼ求核脱離反応有機化学反応アブシシン酸ザイツェフ則カルバニオン脱水素反応酸化脱水素ホフマン則立体選択性位置特異性

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android