コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザルコマイシン sarcomycin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザルコマイシン
sarcomycin

1953年に微生物学者の梅沢浜夫によって日本で最初に開発された抗腫瘍性抗生物質。副作用が比較的少い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ザルコマイシン

sarkomycin(ドイツ Sarkom + mycin)〕
日本で最初に発見された、制癌性抗生物質の一。梅沢浜夫らが、鎌倉で採取した土壌中の放線菌の一種から分離した。以前は制癌剤として臨床に用いられていた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のザルコマイシンの言及

【抗生物質】より

…抗ウイルス抗生物質も探索されているが,まだ有効なものは見いだされていない。一方,抗腫瘍抗生物質は,世界にさきがけて梅沢浜夫が実験動物腫瘍を試験法に採用しザルコマイシン(1953)を発見して以来,抗腫瘍抗生物質の探索は世界的に行われるようになった。癌の治療に用いられている抗生物質も,現在までに10種ほどになり,かなりの成果をあげているが,今なお盛んに研究が行われている。…

※「ザルコマイシン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ザルコマイシンの関連キーワード抗白血病薬梅澤濱夫放線菌制癌剤

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android