コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅沢浜夫 ウメザワハマオ

5件 の用語解説(梅沢浜夫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うめざわ‐はまお〔うめざははまを〕【梅沢浜夫】

[1914~1986]微生物化学者。福井の生まれ。東大教授。ザルコマイシンカナマイシンなど抗生物質を多数発見。文化勲章受章。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅沢浜夫 うめざわ-はまお

1914-1986 昭和時代の微生物学者。
大正3年10月1日生まれ。昭和19年兄梅沢純夫らと日本ではじめてペニシリンの分離に成功,結核治療薬カナマイシン,制がん剤ブレオマイシンなどの抗生物質を発見した。国立予防衛生研究所部長,東大教授。微生物化学研究所を設立して所長。37年学士院賞,文化勲章。昭和61年12月25日死去。72歳。福井県出身。東京帝大卒。著作に「抗生物質の話」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

うめざわはまお【梅沢浜夫】

1914‐86(大正3‐昭和61)
細菌学者,抗生物質開発・研究の第一人者。福井県生れ。東大卒。国立予防衛生研究所部長,東大教授,微生物化学研究所長を歴任。第2次大戦末期,長兄の純夫らとともにペニシリンの分離に成功したのをはじめ,カナマイシン,ブレオマイシンなど多数の新抗生物質,および酵素阻害物質の発見をなした。ことに制癌剤の分野で新境地を開き,免疫修飾物質の研究に及んだ。1962年文化勲章受章。学士院会員。【長門谷 洋治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

うめざわはまお【梅沢浜夫】

1914~1986) 微生物学者。東大教授。第二次大戦末期にペニシリンの分離に成功、戦後カナマイシン・ザルコマイシンなど多くの抗生物質を発見した。微生物化学研究所を創立。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

梅沢浜夫
うめざわはまお
(1914―1986)

微生物化学者。カナマイシンの発見をはじめとする抗生物質の研究、開発では日本を代表する世界的存在。福井県小浜市で、病院長の純一を父に生まれる。東京帝国大学医学部を1937年(昭和12)卒業。第二次世界大戦末期の1944年2月につくられた陸軍軍医学校長三木良英(みきよしひで)(1887―1970)の主宰するペニシリンの開発研究組織(後の碧素(へきそ)委員会)に参加、同年10月藤原工業大学(現、慶応義塾大学工学部)助教授の長兄純夫(すみお)(1909―2000)とともに日本で初めてペニシリンの分離に成功した。この経験を基礎に、戦後のGHQ(連合国最高司令部)の技術指導もあり、日本の抗生物質研究を終始リードし、世界的水準にまで引き上げた。1957年(昭和32)に発表されたカナマイシンをはじめ、ジョサマイシン(1965)、イネのいもち病にきくカスガマイシン(1964)など多数の抗生物質を開発した。ザルコマイシン(1953)、ブレオマイシン(1966)など抗生物質を制癌(せいがん)剤として利用する方法を創始した功績も評価される。1959年度朝日文化賞、1962年日本学士院賞、同年フランス政府から衛生保健文化賞、同年文化勲章、1971年藤原賞、1980年旧西ドイツのエーリッヒ賞などを受賞。1962年カナマイシンの特許料で財団法人微生物化学研究所を設立、その所長となった。6人兄弟のうち5人が博士号をもつ学者一家である。[梅田敏郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の梅沢浜夫の言及

【カナマイシン】より

…(化学式)1957年梅沢浜夫が長野県の土壌中の放線菌Streptomyces kanamyceticusの培養液から分離し命名した,ストレプトマイシンと同じアミノ配糖体に属する抗生物質。日本薬局方名は硫酸カナマイシンC18H36N4O11xH2SO4。…

【抗生物質】より

…それ以降,いっそうすぐれた抗生物質を得る方法として,抗生物質の半合成は,リファマイシン類,テトラサイクリン類,アミノ配糖体,マクロライド抗生物質類その他に広く用いられ成果をあげている。梅沢浜夫は,ストレプトマイシン耐性結核菌に有効なカナマイシンを発見したが,カナマイシン耐性機構の研究から,リン酸転移酵素やアセチル化酵素などによる不活化機構を見いだし,これらの酵素の作用を受けないジベカシンの合成に成功した。耐性機構に基づいて有効な物質を得る方法論を築いたといえる。…

【制癌薬】より

…造血器への副作用は比較的大きい。ブレオマイシンは66年梅沢浜夫らが放線菌の1種から分離したもので,皮膚癌などの扁平上皮癌の治療に利用されている。間質性肺炎,肺繊維症などの副作用が知られている。…

※「梅沢浜夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

梅沢浜夫の関連キーワード森繁夫小高根太郎細菌学マクロライド系抗生物質セフェム系抗生物質第一人者ベータラクタム系抗生物質抗真菌性抗生物質大薗卓細谷省吾

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone