コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザンクトマルクス墓地 ザンクトマルクスボチ

デジタル大辞泉の解説

ザンクトマルクス‐ぼち【ザンクトマルクス墓地】

Sankt Marxer Friedhof》オーストリアの首都、ウィーンにある墓地。作曲家モーツァルトの墓があることで知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

ザンクトマルクスぼち【ザンクトマルクス墓地】

オーストリアの首都ウィーンの郊外にある墓地。モーツァルトの墓がある。1791年12月5日、モーツァルトは35歳の若さで他界した。その翌日、聖シュテファン寺院のクルツィフィクス礼拝堂で葬儀が行われ、この墓地に葬られた。墓地には、天使の像がある円柱形の墓碑がある。モーツァルトの祈念碑も建てられたが、没後100周年を迎えた1891年、この祈念碑はベートーベンシューベルト、ブラームスなどが眠る中央墓地の名誉区に移設された。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

ザンクトマルクス墓地の関連キーワードザンクトガレン修道院ザンクトシュテファン教会ザンクトパウルス大聖堂ザンクトフローリアン修道院ザンクトペーター僧院教会ザンクトヤコプ大聖堂ザンクトヨハン修道院聖シュテファン教会聖ゼーバルト教会聖セバルドゥス教会

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android