シアノ金酸塩(読み)シアノきんさんえん(英語表記)cyanoaurate salt

世界大百科事典 第2版の解説

シアノきんさんえん【シアノ金酸塩 cyanoaurate salt】

金イオンにシアン化物イオンが位した錯体で,金(I)および金(III)の2種の化合物がある。カリウム塩は俗に金シアン化カリウムと呼ばれる。
[ジシアノ金(I)酸塩]
 シアン化金(I)AuCNをシアン化物水溶液に溶かすとジシアノ金(I)酸イオン[Au(CN)2]を生ずる。塩としてはジシアノ金(I)酸カリウムK[Au(CN)2]が最もふつうに知られている。これは上記の水溶液からも得られるが,塩化金(III)の溶液アンモニアを加えて水酸化物を沈殿させ,これをシアン化カリウム溶液に溶かして合成する方法がよく使われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

化学辞典 第2版の解説

シアノ金酸塩
シアノキンサンエン
cyanoaurate

】ジシアノ金(Ⅰ)酸塩(dicyanoaurate(Ⅰ)):M[Au (CN)2].シアン化金(Ⅰ)とシアン化アルカリ水溶液とを反応させると得られる.また,金を空気などの酸化剤とともに,シアン化アルカリ水溶液で処理するとアルカリ金属塩水溶液が得られる.酸H[Au(CN)2]も,アルカリ金属塩水溶液とH型イオン交換樹脂との反応で,水溶液として得られるが,濃縮すると分解する.アルカリ金属塩は固体でも得られる.K[Au(CN)2]は三方晶系で,[Au(CN)2] は直線形,Au-C2.12 Å,C-N1.17 Å.水に易溶.固体,水溶液とも空気,光に安定である.酸と加熱すると分解する.アルカリ金属塩水溶液は,金めっきに用いられる.青化法といわれる金の精錬法は,金鉱石を空気とともにシアン化アルカリの水溶液で処理し,金をこの塩にかえて抽出する方法である.[CAS 13967-50-5:K[Au(CN)2]]【】テトラシアノ金(Ⅲ)酸塩(tetracyanoaurate(Ⅲ)):M[M (CN)4].シアン化金(Ⅲ)とKCN水溶液とを加熱するとK塩が得られる.これから,複分解でほかの金属塩が得られる.さらにAg塩とHClから遊離酸が得られる.テトラシアノ金(Ⅲ)酸H[Au(CN)4]・2H2Oは,無色,単斜晶系の結晶.加熱すると分解する.平面正方形型の [Au(CN)4] をもつ.Au-C1.97 Å,C-N1.15 Å.∠C-Au-C90°.水溶液は強酸性を示す.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android