コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェッフェル Joseph Victor von Scheffel

世界大百科事典 第2版の解説

シェッフェル【Joseph Viktor von Scheffel】

1826‐86
ドイツの作家。カールスルーエ生れ。長編叙事詩《ゼッキンゲンのらっぱ手Der Trompeter von Säckingen》(1854)は,17世紀の貴族の娘と旅の若者の恋物語。歴史小説《エッケハルト》(1855)は,10世紀の貴婦人と修道士の波乱に富む悲恋物語である。通俗的だが,美しい自然を背景に歴史を巧みにとり入れたこれらの作品は,彼を国民的人気作家にした。ほかに学生歌集《さあ,たのしもう》(1868)などがあり,学生歌《アルト・ハイデルベルクの歌》がとくに有名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シェッフェル
しぇっふぇる
Joseph Viktor von Scheffel
(1826―1886)

ドイツの小説家、詩人。ドイツ南部、カールスルーエに生まれる。初め法律を志したが、のち絵画の修業のために訪れたイタリアでパウル・ハイゼと相識(あいし)り、文学に転じた。韻文叙事詩『ゼッキンゲンの喇叺手(らっぱしゅ)』(1854)、10世紀スイスの修道院を舞台とする歴史小説『エッケハルト』(1855)によって、19世紀末から20世紀にかけて最大の人気作家となった。[白崎嘉昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シェッフェルの関連キーワードラス・シャムラパトグラフィー2月16日現代音楽

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android