相識(読み)ソウシキ

  • そうしき サウ‥
  • そうしき〔サウ〕

大辞林 第三版の解説

互いに知り合いであること。また、その人。しりあい。相知。 図らずもお玉と-になつて聞いた/雁 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 互いに知り合っていること。また、その人。知人
※正法眼蔵(1231‐53)安居「相、道旧ともに拝あり」
※読本・唐錦(1780)二「はからず佐々木曹五と相識(サウシキ)(〈注〉チカヅキ)になりしに」
浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「百年の相識(サウシキ)に別れた如く、何となく心淋敷かったが」 〔礼記‐曾子問〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android