コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェマハ・カラ遺跡 シェマハ・カラいせきShemakha Kala

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェマハ・カラ遺跡
シェマハ・カラいせき
Shemakha Kala

旧ソ連領中央アジア,ホラズム地方の中世遺跡。トルクメニスタンの町クニャ・ウルゲンチの西方約 50kmにあり,13~14世紀にはホラズムの商業,手工業の中心であった。 1946年と 48年,旧ソ連の考古学者 S.トルストフの調査団によって発掘された。遺跡は城壁の内と外に分れるが,内側のほうが古く,まっすぐな通りが直角に交差している。中心部にモスクや貴族の屋敷があり,周辺部に陶工や金工などの職人が住んでいた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android