コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェマハ・カラ遺跡 シェマハ・カラいせきShemakha Kala

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェマハ・カラ遺跡
シェマハ・カラいせき
Shemakha Kala

旧ソ連領中央アジア,ホラズム地方の中世遺跡。トルクメニスタンの町クニャ・ウルゲンチの西方約 50kmにあり,13~14世紀にはホラズムの商業,手工業の中心であった。 1946年と 48年,旧ソ連の考古学者 S.トルストフの調査団によって発掘された。遺跡は城壁の内と外に分れるが,内側のほうが古く,まっすぐな通りが直角に交差している。中心部にモスクや貴族の屋敷があり,周辺部に陶工や金工などの職人が住んでいた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android