コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェマハ・カラ遺跡 シェマハ・カラいせき Shemakha Kala

1件 の用語解説(シェマハ・カラ遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェマハ・カラ遺跡
シェマハ・カラいせき
Shemakha Kala

旧ソ連領中央アジアホラズム地方の中世遺跡。トルクメニスタンの町クニャ・ウルゲンチの西方約 50kmにあり,13~14世紀にはホラズムの商業,手工業の中心であった。 1946年と 48年,旧ソ連の考古学者 S.トルストフの調査団によって発掘された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シェマハ・カラ遺跡の関連キーワードウルゲンチ中央アジアホラズム朝花剌子模アヌーシュティギーンタジク族中ソ国境問題ホラズム・シャー朝イギリス領中央アフリカカラテペ(中央アジア)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone