コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シカゴパイル Chicago pile

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シカゴパイル
Chicago pile

1942年に,E.フェルミの指導でアメリカのシカゴ大学構内に建設された世界最初の原子炉略称は CP-1。天然ウランからの中性子を減速する黒鉛のブロックを順次積み重ねた pile 構造なのでパイルと呼ばれた。冷却は空気を循環させて行なった。 1942年 12月2日,核連鎖反応を起こす臨界に達することに成功,人類に核エネルギー使用の道を開いた。現在からみるとそれは,原子炉というよりはむしろ臨界集合体であった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シカゴパイルの関連キーワードガス冷却炉

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android