臨界集合体(読み)りんかいしゅうごうたい(英語表記)critical assembly

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臨界集合体
りんかいしゅうごうたい
critical assembly

原子炉物理の研究や核データの精度評価を行なう目的でつくられる実験装置。安定な臨界状態を維持できなければならない点は原子炉と同じであるが,ほとんど出力しないので,原子炉より構造がはるかに単純で,燃料配置などを容易に組み替えて実験が行なえる。日本には,京都大学原子炉実験所の京都大学臨界集合体実験装置 KUCA (Kyoto University Critical Assembly) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android