コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨界集合体 りんかいしゅうごうたいcritical assembly

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臨界集合体
りんかいしゅうごうたい
critical assembly

原子炉物理の研究や核データの精度評価を行なう目的でつくられる実験装置。安定な臨界状態を維持できなければならない点は原子炉と同じであるが,ほとんど出力しないので,原子炉より構造がはるかに単純で,燃料配置などを容易に組み替えて実験が行なえる。日本には,京都大学原子炉実験所の京都大学臨界集合体実験装置 KUCA (Kyoto University Critical Assembly) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

臨界集合体の関連キーワードシカゴパイル

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android