システム手帳(読み)システムテチョウ

デジタル大辞泉の解説

システム‐てちょう〔‐てチヤウ〕【システム手帳】

個人が、スケジュール表や住所録など、必要な情報だけを書き込めるように、替えページを組み合わせて作ることのできる手帳

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

システム手帳【システムてちょう】

日程表・住所録・メモ帳などが一冊のノートにファイル式に組み合わされた手帳。会社事務などで使われるファイリング・システムを導入した携帯用ノートで,1980年代後半に流行した。きっかけはベストセラーの本の中で推奨された英国製の手帳で,それ以後同様の機能・形態品が数多く発売された。リフィル(差し替えられる中身)は使い手に応じて地図,名刺・カード用ホルダーなどを増やすこともできる。大きさは聖書版(バイブルサイズ)と呼ばれる,四六判よりやや小さいものが多く,従来の手帳よりはずっと大型で,この一冊がハンドバッグ代りという使われ方をした。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

システムてちょう【システム手帳】

使用者が、使用目的に合わせて、スケジュール表・住所録などの差し替え用紙を選びセットして用いる手帳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

システム‐てちょう ‥てチャウ【システム手帳】

〘名〙 替えページになっているスケジュール表や住所録などを、使い手が必要に応じて選び、組み合わせて用いる手帳。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

システム手帳の関連情報