コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四六判 シロクバン

デジタル大辞泉の解説

しろく‐ばん【四六判】

紙の原紙寸法の規格の一。788ミリ×1091ミリ。
書籍の寸法の旧規格の一。1の原紙を32裁した130ミリ×188ミリ。現規格のB6判よりやや大きい。→判型2
[補説]2の大きさは出版社により異なる。ここでは小学館での寸法を示した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

四六判【しろくばん】

菊判とともに戦前から日本で使用されてきた印刷物の規格寸法。788mm×1091mmの原紙をいう場合もあるが,原紙を32に折って製本した書物が4寸2分×6寸2分(127mm×188mm)だったので四六判と称した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しろくばん【四六判】

紙の原紙寸法の一。縦1091ミリメートル(三尺六寸)、横788ミリメートル(二尺六寸)のもの。 B 判よりやや大きい。四六全判。
書籍の判型の一。四六全判の長辺を8分の1、短辺を4分の1にした大きさで、縦188ミリメートル(六寸二分)・横127ミリメートル(四寸二分)のもの。 B 6判に近い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

四六判

「しろくばん」と読む.(1)紙の原紙寸法の一つで,788×1,091mmの大きさのもの.昭和の初めにA列判,B列判という規格寸法が制定されるまで,菊判とともに日本の用紙寸法の基準となっていた.(2)日本工業規格(JIS)外の判型.前記の用紙を32に裁断した大きさで,約127×188mm.寸法が横4寸2分,縦6寸1分であるところからこの呼称が付いた.関連して四六版の倍の大きさのもの(約182×257mm)を「四六倍判」という.(3)西洋で全紙の12分の1の大きさの紙の寸法および出版物の大きさ(format).俗に12折り判(duodecimo)ともいう.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

世界大百科事典内の四六判の言及

【判型】より

…なお古書店では,半紙判の本を中本ということもある。 洋紙による洋装本の大きさには,四六判,菊判および規格判のA列本判,B列本判の系列がある。四六判は,明治初年に輸入されたイギリスの規格(クラウン)が基礎になったもので,日本工業規格(JIS)ができあがるまでは菊判とともに洋紙寸法の基準になっていた。…

※「四六判」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

四六判の関連キーワード谷中村滅亡史アダルト文庫東西南北愛国志林自費出版B6 判草双紙規格判補説合巻短辺長辺判形

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四六判の関連情報