コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四六判 シロクバン

4件 の用語解説(四六判の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しろく‐ばん【四六判】

紙の原紙寸法の規格の一。788ミリ×1091ミリ。
書籍の寸法の旧規格の一。1の原紙を32裁した130ミリ×188ミリ。現規格のB6判よりやや大きい。→判型2
[補説]2の大きさは出版社により異なる。ここでは小学館での寸法を示した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

四六判【しろくばん】

菊判とともに戦前から日本で使用されてきた印刷物の規格寸法。788mm×1091mmの原紙をいう場合もあるが,原紙を32に折って製本した書物が4寸2分×6寸2分(127mm×188mm)だったので四六判と称した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

しろくばん【四六判】

紙の原紙寸法の一。縦1091ミリメートル(三尺六寸)、横788ミリメートル(二尺六寸)のもの。 B 判よりやや大きい。四六全判。
書籍の判型の一。四六全判の長辺を8分の1、短辺を4分の1にした大きさで、縦188ミリメートル(六寸二分)・横127ミリメートル(四寸二分)のもの。 B 6判に近い。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

図書館情報学用語辞典の解説

四六判

「しろくばん」と読む.(1)紙の原紙寸法の一つで,788×1,091mmの大きさのもの.昭和の初めにA列判,B列判という規格寸法が制定されるまで,菊判とともに日本の用紙寸法の基準となっていた.(2)日本工業規格JIS)外の判型.前記の用紙を32に裁断した大きさで,約127×188mm.寸法が横4寸2分,縦6寸1分であるところからこの呼称が付いた.関連して四六版の倍の大きさのもの(約182×257mm)を「四六倍判」という.(3)西洋で全紙の12分の1の大きさの紙の寸法および出版物の大きさ(format).俗に12折り判(duodecimo)ともいう.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
図書館情報学用語辞典について | 情報

世界大百科事典内の四六判の言及

【判型】より

…なお古書店では,半紙判の本を中本ということもある。 洋紙による洋装本の大きさには,四六判,菊判および規格判のA列本判,B列本判の系列がある。四六判は,明治初年に輸入されたイギリスの規格(クラウン)が基礎になったもので,日本工業規格(JIS)ができあがるまでは菊判とともに洋紙寸法の基準になっていた。…

※「四六判」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

四六判の関連キーワード延暦寺海損根本中堂協力雇用主イスキア島延暦寺延暦僧録馬祖道一紀古佐美共同海損

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

四六判の関連情報