コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シスプラチン シスプラチンcisplatin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シスプラチン
cisplatin

睾丸腫瘍,膀胱癌,卵巣癌などの化学療法剤として中心的な薬剤であり,構造式に白金を含む薬物。しかし,腎毒性や催吐作用など副作用も強いことがネックとなっていた。シスプラチンの副作用を軽減するために,カルボプラチンが開発され,日本では 1990年3月に承認が得られた。カルボプラチンは,すでに世界 30ヵ国で使用されており,シスプラチン投与時に必要な大量の水分負荷が不要なこと,蓄積毒性が少なく継続治療が可能であることから,その治療効果が注目されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

シスプラチン(cisplatin)

強力な制癌(せいがん)作用を有する白金製剤。副作用も強い。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

シスプラチン【cisplatin】

プラチナと塩素イオン・アンモニウムが結合した白金錯体化合物。抗腫瘍しゆよう性があり、制癌剤として使用される。 cDDP 。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のシスプラチンの言及

【制癌薬】より

…男性または女性ホルモン製剤そのままでは男性化ないし女性化の副作用が現れることが多いため,それらの副作用の少ない薬剤として乳癌治療にタモキシフェン(ノルバデックス)やメピチオスタン(チオデロン)が最近開発され,用いられている。
[その他の制癌薬]
 以上の分類に属さないものにプロカルバジン(ナツラン),シスプラチン(ランダまたはブリプラチン),L‐アスパラギナーゼ(ロイナーゼ),エストラムスチン(エストラサイト)などがあり,それぞれ悪性リンパ腫,種々の固形癌,白血病,前立腺癌の治療に利用されている。このうちシスプラチンは白金の錯化合物で,1960年代後半にアメリカで発見され最近日本に導入された。…

※「シスプラチン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シスプラチンの関連キーワードがんの化学療法がん性腹膜炎悪性黒色腫CDDPプラチナ卵巣がんCDDP睾丸腫瘍膀胱腫瘍制吐剤制癌剤胃がん皮膚癌肺癌胃癌

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シスプラチンの関連情報