コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シスプラチン シスプラチン cisplatin

3件 の用語解説(シスプラチンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シスプラチン
シスプラチン
cisplatin

睾丸腫瘍,膀胱癌,卵巣癌などの化学療法剤として中心的な薬剤であり,構造式に白金を含む薬物。しかし,腎毒性や催吐作用など副作用も強いことがネックとなっていた。シスプラチンの副作用を軽減するために,カルボプラチンが開発され,日本では 1990年3月に承認が得られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シスプラチン(cisplatin)

強力な制癌(せいがん)作用を有する白金製剤。副作用も強い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

シスプラチン【cisplatin】

プラチナと塩素イオン・アンモニウムが結合した白金錯体化合物。抗腫瘍しゆよう性があり、制癌剤として使用される。 cDDP 。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシスプラチンの言及

【制癌薬】より

…男性または女性ホルモン製剤そのままでは男性化ないし女性化の副作用が現れることが多いため,それらの副作用の少ない薬剤として乳癌治療にタモキシフェン(ノルバデックス)やメピチオスタン(チオデロン)が最近開発され,用いられている。
[その他の制癌薬]
 以上の分類に属さないものにプロカルバジン(ナツラン),シスプラチン(ランダまたはブリプラチン),L‐アスパラギナーゼ(ロイナーゼ),エストラムスチン(エストラサイト)などがあり,それぞれ悪性リンパ腫,種々の固形癌,白血病,前立腺癌の治療に利用されている。このうちシスプラチンは白金の錯化合物で,1960年代後半にアメリカで発見され最近日本に導入された。…

※「シスプラチン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シスプラチンの関連キーワード原因療法睾丸腫瘍プロントジル膀胱腫瘍卵巣腫瘍化学療法剤膀胱癌耐性菌腫瘍内科術前補助化学療法

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シスプラチンの関連情報