コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シヌイジュ(新義州)市 シヌイジュShinǔiju

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シヌイジュ(新義州)〔市〕
シヌイジュ
Shinǔiju

北朝鮮,ピョンアンプク (平安北) 道の北西部にある港湾・工業都市。道庁所在地。アムロク (鴨緑) 江河口から 40km上流にある沖積平野に発達。気候は大陸性で,1月の平均気温は-10℃。ピョンウイ (平義) 鉄道の終点で,対岸中国のタントン (丹東) 市とは長さ 944mの鉄橋で結ばれる。水運も利用されるが,冬季は結氷するため外港として朝鮮西海 (黄海) にのぞむタサト (多獅島) を利用する。 1906年京義鉄道の開通により,上流のウイジュ (義州) に代って中国東北地方との門戸となり,農産物や流送される木材の集散が行われた。付近は地下資源が豊富で,41年スプン (水豊) ダムの完成後工業も興った。朝鮮戦争で大きな被害を受けたが復興し,パルプ,製材,アルコールなどの工場が建設された。スプン・ダムの再建後はラグウォン (楽元) ,プクチュン (北中) の機械工場が建設され,ブルドーザ,鉱業機械,内燃機関,起重機,紡織機械などを製造。ほかに干拓地のアシを原料とする人造繊維工場,石油精製,毛紡織,軽金属,ほうろう鉄器,造船,ゴムなどの工場があり,総合工業都市として発展している。人口 28万 9000 (1987推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シヌイジュ(新義州)市の関連キーワードピョンアンプク(平安北)道アムロク(鴨緑)江パクチョン(博川)

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android