シネレシス

岩石学辞典の解説

シネレシス

ゲルが内部に含んでいた分散媒の一部を脱離する現象で,ゲルが内部の液体を放出して体積を減少し収縮する[長倉ほか : 1998].最初のゲルのコロイドゲルが落ち着き,収縮し,脱水し,シネレシスな割れ目が形成される作用で,泥の脱水などで起こる[Graham : 1927].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典内のシネレシスの言及

【硝子体】より

…病的なものは,網膜裂孔形成,ぶどう膜炎による滲出物や,眼底血管病変による出血や増殖物などが原因となって起こり,治療の対象となる。一方,病的でないものは,網膜に接した硝子体膜がはがれて浮きあがる状態(硝子体剝離(はくり)vitreous detachment)になったり,繊維成分と水分との分離(シネレシスsyneresis)によって硝子体繊維が不均一になることが原因である。これらは老化に伴う生理的現象なので,治療は無意味である。…

※「シネレシス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android