コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シボルガ Sibolga

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シボルガ
Sibolga

インドネシア,スマトラ島北部,インド洋のシボルガ湾に面する港町。スマトラウタラ州に属する。背後にバリサン山脈が迫り,6~9月にはモンスーンが多量の雨を降らせる。ゴム,コーヒー,コプラ,木材などを輸出。西岸沿いの幹線道路が通り,周辺の開発計画の中心地。人口5万 9897 (1980) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シボルガ
しぼるが
Sibolga

インドネシア、スマトラ島北西岸の港湾都市。人口5万9897(1980)。タパヌリ地方の中心地で、住民はバタック人が多い。年降水量が4000ミリメートルにも達するため、あまり健康地とはいえない。市の背後にはバリサン山脈が迫る。周辺地域からゴム、コーヒー、林産物などが集散される。[別技篤彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シボルガの関連キーワードインドネシアニアス島

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android