シマアオダイ(読み)しまあおだい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シマアオダイ
しまあおだい / 縞青鯛
saddleback snapper
[学] Paracaesio kusakarii

硬骨魚綱スズキ目フエダイ科に属する海水魚。神奈川県以南の太平洋沿岸、伊豆諸島、小笠原(おがさわら)諸島、南西諸島、台湾、東沙(とうさ)群島、サモア諸島、ニュー・カレドニアなど西太平洋、南太平洋に分布する。体は高い楕円(だえん)形でやや側扁(そくへん)する。大きな個体では後頭部が膨出する。両眼間隔域は強く膨出する。口は小さく、上顎(じょうがく)の後端は目の前下方に達する。下顎の前端は上顎の前端よりもすこし前に出る。主上顎骨は鱗(うろこ)をかぶる。尾びれの後端は湾入形または半月形。体は背面と背側面は淡褐色で、腹側面は銀白色。4条の幅広い横帯が体の背側面にあり、下端は側線をわずかに越える。ひれは赤みがかった灰黄色。体長は最大約60センチメートルに達する。水深100~300メートルの岩礁域にすむ。一本釣りによって漁獲される。本種は体の背側面に幅が広い褐色横帯があることでヤンバルシマアオダイP. stoneiに似るが、ヤンバルシマアオダイは横帯が側線を越えて腹部にまで達すること、主上顎骨に鱗がないことなどで区別できる。

[尼岡邦夫 2018年3月19日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のシマアオダイの言及

【ウメイロ】より

…暖海性で伊豆七島,小笠原,和歌山県,島根県以南に分布し,100~200mくらいの深さの岩礁にすむ。 ウメイロ属にはほかに全身が淡紫青色のアオダイP.caeruleus,体側に幅の広い横帯が見られるシマアオダイP.kusakarii,尾びれ両葉がかなり長い稀種(きしゆ)ヨゴレアオダイP.sordidusがある。いずれもウメイロ同様暖海性で深い岩礁にすむ。…

※「シマアオダイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android