コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シムラニンジン Pterygopleurum neurophyllum (Maxim.) Kitagawa

1件 の用語解説(シムラニンジンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シムラニンジン【Pterygopleurum neurophyllum (Maxim.) Kitagawa】

野原の湿地に生えるセリ科の多年草イラスト)。和名は東京都の志村の原に多かったことによる。茎は直立して高さ80~100cm,やや稜がある。根は白くやや多肉質。葉は2回3出羽状に分かれ,裂片は幅2~6mmで細長く,やや硬い。花は8~9月ころ,上部の枝先に複散形花序を作って開き,白色で小さい。小散形花序は8~10個あり,線形の小総苞片がある。花弁は5枚で先は内に巻く。果実は楕円形で長さ約4mm,先に小型三角状の萼歯があり,表面の隆起した肋の間に1本ずつの油管が通っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シムラニンジンの関連キーワード葵菫水蘭野原薊水菜山芹油茅郷麻玉川杜鵑壺草

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone