コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャイシュナーガ朝 シャイシュナーガちょう Śaiśunāga

2件 の用語解説(シャイシュナーガ朝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャイシュナーガ朝
シャイシュナーガちょう
Śaiśunāga

インド古代,マガダ国の王朝 (前7~5世紀頃) 。諸王の名と王朝の統治期間については,伝承により大きく異なっているが,プラーナ文献によれば,ブッダと同時代のビンビサーラアジャータシャトル両王はこの王朝に属するという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

シャイシュナーガちょう【シャイシュナーガ朝 Śaiśunāga】

古代インドマガダ国の王朝。ヒンドゥー教プラーナ文献によると,シシュナーガŚiśunāgaによって創始され,10王360年間つづいたのち,ナンダ朝(前4世紀半ば)に滅ぼされたという。この10王のなかにはブッダ(仏陀)を保護したことで名高いビンビサーラ(第5代),アジャータシャトル(第6代)の父子も含まれている。一方,スリランカ仏教徒の伝える史書《マハーバンサ(大史)》によると,ススナーガ(シシュナーガ)はアジャータシャトルの4代あとの子孫に代わって新王朝を創始した人物とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シャイシュナーガ朝の関連キーワードカルハナナンダ朝ヒンドゥー教建築ヒンズーヒンズー教ヒンドゥーカラサン寺院ヒンドゥー教寺院ヒンドゥー法典マタ(ヒンドゥー教)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone