シャイシュナーガ朝(読み)シャイシュナーガちょう(英語表記)Śaiśunāga

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャイシュナーガ朝
シャイシュナーガちょう
Śaiśunāga

インド古代,マガダ国王朝 (前7~5世紀頃) 。諸王の名と王朝の統治期間については,伝承により大きく異なっているが,プラーナ文献によれば,ブッダと同時代のビンビサーラアジャータシャトル両王はこの王朝に属するという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シャイシュナーガちょう【シャイシュナーガ朝 Śaiśunāga】

古代インド,マガダ国の王朝。ヒンドゥー教のプラーナ文献によると,シシュナーガŚiśunāgaによって創始され,10王360年間つづいたのち,ナンダ朝(前4世紀半ば)に滅ぼされたという。この10王のなかにはブッダ(仏陀)を保護したことで名高いビンビサーラ(第5代),アジャータシャトル(第6代)の父子も含まれている。一方,スリランカ仏教徒の伝える史書《マハーバンサ(大史)》によると,ススナーガ(シシュナーガ)はアジャータシャトルの4代あとの子孫に代わって新王朝を創始した人物とされる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android