コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャスラー Schasler, Max

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャスラー
Schasler, Max

[生]1819.8.26. ドイチクローネ(現バウチ)
[没]1903.6.13. イェナ
ドイツの美学者。政治的立場が原因で公職につけず,1851~77年ベルリン,77年以降イェナに住み,家庭教師,芸術批評などで生計を立てた。ヘーゲル学派に属し,美を時間,空間における理念の表われとし,また諸芸術を「同時的なもの」と「継起的なもの」の2原理によって分類した。美学史の分野にも貢献した主著『批判的美学史』 Kritische Geschichte der Ästhetik (1871~72) ,『美学』 Ästhetik (86) のほか,美学関係の著書多数がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

シャスラー

生年月日:1819年8月26日
ドイツの美学者
1903年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

シャスラーの関連キーワード生年月日

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android