コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャット・アルアラブ[川] Shaṭṭ al‐‘Arab

世界大百科事典 第2版の解説

シャット・アルアラブ[川]【Shaṭṭ al‐‘Arab】

ティグリス川ユーフラテス川がクルナal‐Qurnaで合流してからペルシア湾にいたるまでの185kmの川の名。両岸はナツメヤシの世界的な産地である。バスラから数km下流の地点からイラン・イラク国境線と重なるが,1937年の条約で従来の協定が変更されて,国境線が川の中央線thalwegから東岸に移されたため,これが両国の紛争のたねとなった。75年の条約で,イラク北部のクルド族の反乱に対するイランの支援停止と交換に国境線は再び中央線に戻されたが,依然両国の争点の一つで,イラン・イラク戦争(1980‐88)の原因にもなった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のシャット・アルアラブ[川]の言及

【イラク】より

…また西部はシリアとサウジアラビアにまたがる砂漠で,国土の約半分を占める。ティグリス,ユーフラテス両川はバグダード以南で極端に平坦となり,特にナーシリーヤNāsirīya,アマーラ‘Amāra,クルナQurna間の広大な地域で湖水・湿地帯をつくり,クルナで合流してからはシャット・アルアラブ川となってペルシア湾に注ぐ。 気候は三つの型に分かれ,北部山岳地帯は地中海性気候で年間降雨量は400~1000mm程度,山岳地帯と砂漠の間,沖積平野はステップ気候で200~400mmの降雨量がある。…

※「シャット・アルアラブ[川]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

シャット・アルアラブ[川]の関連キーワードイラン・イラク戦争

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android