コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャット・アルアラブ[川] Shaṭṭ al‐‘Arab

1件 の用語解説(シャット・アルアラブ[川]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シャット・アルアラブ[川]【Shaṭṭ al‐‘Arab】

ティグリス川ユーフラテス川クルナal‐Qurnaで合流してからペルシア湾にいたるまでの185kmの川の名。両岸はナツメヤシの世界的な産地である。バスラから数km下流の地点からイランイラク国境線と重なるが,1937年の条約で従来の協定が変更されて,国境線が川の中央線thalwegから東岸に移されたため,これが両国の紛争のたねとなった。75年の条約で,イラク北部のクルド族の反乱に対するイランの支援停止と交換に国境線は再び中央線に戻されたが,依然両国の争点の一つで,イラン・イラク戦争(1980‐88)の原因にもなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のシャット・アルアラブ[川]の言及

【イラク】より

…また西部はシリアとサウジアラビアにまたがる砂漠で,国土の約半分を占める。ティグリス,ユーフラテス両川はバグダード以南で極端に平坦となり,特にナーシリーヤNāsirīya,アマーラ‘Amāra,クルナQurna間の広大な地域で湖水・湿地帯をつくり,クルナで合流してからはシャット・アルアラブ川となってペルシア湾に注ぐ。 気候は三つの型に分かれ,北部山岳地帯は地中海性気候で年間降雨量は400~1000mm程度,山岳地帯と砂漠の間,沖積平野はステップ気候で200~400mmの降雨量がある。…

※「シャット・アルアラブ[川]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シャット・アルアラブ[川]の関連キーワードウルチグリス川ネアルコスバグダードメソポタミアユーフラテス川ディグリーカルケミッシュジェンデレ橋マラティア

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone