コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャテルロー シャテルロー Châtellerault

2件 の用語解説(シャテルローの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャテルロー
シャテルロー
Châtellerault

フランス西部,ビエンヌ県の都市。ポアティエの北北東約 30km,ビエンヌ河畔に位置する。デカルトの家など 15~17世紀の建物が数多く残る古い都市で,兵器産業を中心に,刃物類,衣類などの製造が行われる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャテルロー
しゃてるろー
Chtellerault

フランス中西部、ビエンヌ県の小都市。人口3万4126(1999)。トゥールの南68キロメートルロアール川支流のビエンヌ川に臨む。10世紀起源の古い町で、デカルトが住んでいた16世紀の家が博物館として残り、自動車博物館もある。道路・鉄道網の要衝であるため工業化が進み、電気、電子、航空機、ゴム、乳加工など工業の中心地。ビエンヌ川対岸のシャトーヌフに武器製造工場がある。[高橋伸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャテルローの関連キーワードポアティエポアトゥーポアチエサンサバンサンジャン洗礼堂ノートルダムラグランド教会ポワトゥーシャラントポールエティエンヌポアティエの戦アングル・シュル・ラングラン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone