コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャテルロー Châtellerault

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャテルロー
Châtellerault

フランス西部,ビエンヌ県の都市。ポアティエの北北東約 30km,ビエンヌ河畔に位置する。デカルトの家など 15~17世紀の建物が数多く残る古い都市で,兵器産業を中心に,刃物類,衣類などの製造が行われる。パリ,ツールからボルドー,スペインへの幹線鉄道,道路に沿う。人口3万 5691 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャテルロー
しゃてるろー
Chtellerault

フランス中西部、ビエンヌ県の小都市。人口3万4126(1999)。トゥールの南68キロメートル、ロアール川支流のビエンヌ川に臨む。10世紀起源の古い町で、デカルトが住んでいた16世紀の家が博物館として残り、自動車博物館もある。道路・鉄道網の要衝であるため工業化が進み、電気、電子、航空機、ゴム、乳加工など工業の中心地。ビエンヌ川対岸のシャトーヌフに武器製造工場がある。[高橋伸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シャテルローの関連キーワードビエンヌ[川]ジャヌカンアンヌビク

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android