コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャドーイング しゃどーいんぐ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

シャドーイング

オブジェクト指向言語において、フィールド名、ローカル変数名、パラメータ名が、同じ名前のフィールド名、ローカル変数名、パラメータ名の別の宣言によって、単純名ではアクセスできなくなること。また、メソッド名やラベル名が、それぞれと同じメソッド名やラベル名の別の宣言によって、単純名ではアクセスできなくなること。スコープの重複によって発生する現象であって、隠蔽とは意味が異なる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

シャドーイング【shadowing】

〔シャドウイングとも〕
外国語を練習する方法の一。外国語によるスピーチを聴きながら、ほぼ同時進行でそれを復唱する。リスニングと発音の練習になるほか、発話のスピードやリズムに慣れることができる。
コンピューター-グラフィックスで、物体の陰影部分を描くこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

シャドーイングの関連キーワードシャドウインググラフィックスコンピューターリスニングパックンスピーチ外国語発話

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シャドーイングの関連情報