シャドーイング(読み)しゃどーいんぐ

ASCII.jpデジタル用語辞典「シャドーイング」の解説

シャドーイング

オブジェクト指向言語において、フィールド名、ローカル変数名、パラメータ名が、同じ名前のフィールド名、ローカル変数名、パラメータ名の別の宣言によって、単純名ではアクセスできなくなること。また、メソッド名やラベル名が、それぞれと同じメソッド名やラベル名の別の宣言によって、単純名ではアクセスできなくなること。スコープ重複によって発生する現象であって、隠蔽とは意味が異なる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「シャドーイング」の解説

シャドーイング(shadowing)

読み上げられた外国語文章単語を、聞いた直後に復唱すること。また、それによる学習
三次元グラフィックスで、物体陰影をつけ、より実物らしく表現すること。光源位置と物体の形状から、になる部分および影を落とす部分を作る。
電子顕微鏡の観察物に重金属を吹きつけて陰影をつけ、観察しやすくすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android